過払い金請求の法律事務所ランキング!大金を取り返すには?

過払い金請求、頼むならどこの法律事務所がいいの?

 

 
って、悩んでませんか?(*^_^*)

 
今、借金を返済中の人も、完済した人も
「過払い金」って、やっぱ超絶気になりますよね!

 
当然、お金が戻ってくるわけなんで

「過払い金が変換される!」なんて言ったら

もう、お祭り騒ぎでズンドコズンドコ踊りだしたくなる程に、
ハンパない勢いで嬉しいですよね(*^_^*)

 
かくいう僕も、以前キャッシングした時なんかに

借りた期間的にもかなりギリギリの時だったんで
これはもう、過払い金に関してはめっちゃ調べましたw

 
まあ、その結果
僕の場合は過払い金の発生はなかったんですけどねヽ(;▽;)ノ

 
とりあえず、無事完済はしましたが(´-`)

 
まあ僕の場合はアレでしたが、該当する人なら

『過払い金の返還で、借金が「0」になった!』

ってケースや

『むしろ、過払い金が戻ってきてプラスになった!』

ってケースすらあります(*^_^*)

 
なんで、今後のお金の事を考えた上でも
マストで利用しておきたい!って感じですね!

 
ただまあ、この記事を読んでるあなたは

過払い金請求の手順や、一体どこの法律事務所がいいのか!? など

やっぱり、疑問に思いますよね(*^_^*)

 
そんなわけで今回!

そんな、過払い金請求に関して

若手芸人もぶっとぶ程の、とんでもない勢いで
24時間体制で調べまくった僕が!

 
過払い金を確実にゲットする為の知識

過払い金請求の法律事務所ランキング

ガッツリ、紹介していきます(*゚▽゚*)

スポンサードリンク



 
 
んで、まずは!

より確実に過払い金をゲットする為に

過払い金に関して、
知っておきたい基本知識ってのがあるんですね(・∀・)

 
ここは、個人レベルでも
内容的に全然難しくない事だし

法律事務所を選ぶにしても、
知っておくと、お金を取り戻す為にめっちゃ役立ちます!

 
なんで、まずはこの基本ポイントから知っていきましょう!(*゚▽゚*)

 

過払い金請求の基本知識

 
さて、そしたら

過払い金請求の法律事務所ランキングにいく前に
まずは、サクッと過払い金に関する基本知識からいきましょう!

 
何としても、
本来、あなたが受け取るべき過払い金をしっかりゲットする為に!!

かなりシンプルな内容なんで、
まずは、ここからドンドコ抑えていきましょう(・∀・)

スポンサードリンク

 
 

そもそも過払い金って?

 
これ、ホントそもそも!って話ですが
「過払い金」って、どんなモンなのか?

って事ですね(・∀・)

 
まあこれ、
「何となくわかってるけど、なんか漠然としてるかな?」

って感じ、ありませんか?(*^_^*)

 
少なくとも、僕の場合はそうでしたねw

 
なんで、超絶わかりやすく、順番に説明すると↓↓

 

貸金業者の、過去の金利は違法だったの?

 
消費者金融等の「貸金業者」は
過去に、法定よりも高い金利で、お金を貸していたんですね!

 
これは、何も闇金とかの話じゃなく
テレビCMとかで超有名な企業とかも当然そうです。

 
これ、「法定金利があるのに、なんでそんな事できるの??」
って不思議に思うかもですが、

これが、実は

法定金利を守ってないけど完全に「黒」!ってわけじゃなく

「グレーゾーン」だったから
そんな高金利で、貸せていた
んですね(´-`)

 
どういう事か??

スポンサードリンク

 
 

どんな風にグレーゾーンだったの?

 
これ、「出資法」って法律だと
過去の金利上限は、29.2%だったんですね(´-`)

 
「うわ、法律用語とかめんどくさ!」って思いました?w

 
これ、別に用語とかを暗記する必要はないし、
ざっとで意味がわかればOKなんで、難しく考えなくて全然大丈夫ですよ(*^_^*)

 
んでまあ、
「この29.2%より上の金利をつけたら、貸金業者には刑罰与えるよー」
って感じだったんですね。

 
なんで、多くの業者は、金利を上限の29.2%とかにしてました。

 
ですが同時に、
「利息制限法」って法律もあり、この法定金利は昔から今も同じで↓↓

 利息制限法の金利

 借金10万円未満 ⇒ 金利20%

 借金10万円~100万円未満 ⇒ 金利18%

 借金100万円以上 ⇒ 金利15%

 
って決められてます!

 
これを見ると、「利息制限法」の金利の方がめっちゃ安いですよねw

 
ただ、貸金業者としては
こんな安い金利では貸したくないわけです。

 
これじゃ、金を貸しても儲けが少ないですからね。

 
しかも、この利息制限法に関しては
「もし守らなくても、別に何の罰則もなかった」んですね。

 
なんで当然、高金利で貸したい業者は

「出資法」ギリギリの29.2%の金利で、
貸してたところが多いってわけですね(´-`)

 
もしくは、29.2%でなくとも、利息制限法より高い金利で貸してた所が多いです。

 
ちなみに、これまた別に用語の暗記とかはしなくてもいいですが、

この、「出資法」と「利息制限法」の金利の差を
「グレーゾーン金利」って言いますね(・∀・)

 

グレーゾーン金利の崩壊

 
したら、後はもう大体わかりますかね(*゚▽゚*)

 
もう、国的にも
「さすがにこれじゃいかんだろ!」って事になります。

 
んで、

平成22年の6月に、この「出資法」の金利も
マックスが20%まで下げられ、

貸金業者も
「利息制限法」の金利を守らざるを得なくなった!

って流れです(・∀・)

 
んで、現在では

「以前の高く設定されてた金利の時と、
現在の金利の差額は、取り返せる!」

って事ですね。

 
まあ、聞くと結構単純な話ですよね(*^_^*)

スポンサードリンク

 
 

 

過払い金の計算方法

 
で、じゃあ
「この過払い金って、実際どんな風に計算すんのか!?」

って事ですね!(・∀・)

 
ホント、これは
もう上記で書いた金利の差額を出す!って事で、そのままです↓↓

 

計算の例

 
例えば

「29.2%」の金利の時代に、100万円を借りた人がいたら、
まあとりあえず、わかりやすく端数は切り捨てて考えると

「1年で、29万円の金利」が発生しますよね(´-`)

 
これを、5年間に渡って返済中だとします。

 
んで例えば

この人が、「1年で29万円ずつの返済」しかできてなかったとしたら

利息分だけしか返済できておらず、
永遠に、元の借金の100万円は全く減らないわけですヽ(;▽;)ノ

 

これを、今の法定金利に直すと↓↓

 
ところが、これが「今の法定金利」に切り替えになると、

100万円以上の借金の場合
「15%の金利」でOK
なわけですね!(・∀・)

 
なんで、1年で金利は15万円でOK!

 
で、この例の場合は
毎年29万円を、5年間に渡って返済していた。

 
この場合、この人は今の法定金利に直して計算したら

5年間返済した場合
残り、6万円を返済すれば、借金は完済
する事になります(*゚▽゚*)

 
※下図参照

 金利15%の場合の借金残額の流れ

元金金利合計返済額借金残額
1年目100万円15万円115万円29万円86万円
2年目86万円13万円99万円29万円70万円
3年目70万円10万円80万円29万円51万円
4年目51万円8万円59万円29万円30万円
5年目30万円5万円35万円29万円6万円
6年目6万円1万円7万円29万円-22万円(払いすぎ)

 
こうして、過払い金を現在の借金に充当できるってわけですね!

 
さらに、もし6年間払い続けていたとしたら
完済な上に、逆に、22万円の過払い金が、戻ってくる!

って考え方ですね(・∀・)

 
このケースは、返済中の例ですが
既に完済している人でも、当然請求できますよ!

 
こう考えると、この金利差って恐ろしいですよねw

 
法改正がなかったら、この例の場合は
一生、29万円を払い続けても終わらない計算になりますからね。。

 
ちなみに、こんな感じで
現在の正規の利息に直して計算する事を

「引き直し計算」って言います!

 

過払い金請求は早いほうがいい?

 
んで、この過払い金ですが
もう完済してる人の場合は、

いつでも請求できる!ってわけじゃなく

なんと、「時効」があるんですね!

 
一定の期間が過ぎたら、もう権利が消滅!って事です。

 
せっかく返してもらえるお金が
時期がきたらパー、ってのは辛いですよね(´-`)

 
なんで、なるべく早めの申請がキモなわけです!

 
じゃあ、どんくらいの期間で時効なのか!?

って事でいうと

「最後に返済の取引をした日から、10年間」

です!

 
まあ、もしかしたら、
もう過ぎちゃってる人もいますかね。。

 

時効が伸びる可能性がある?

 
ただ、これには嬉しい?例外もあります!

 
それは、例えば
最終取引から、時効期間として10年間がすぎちゃってたとしましょう。

 
でも、
その後、同じ業者から、また別の機会で借金をしていた場合は、

直近の借金の最終取引日から、さらに10年間に延長される!

って事です(*^_^*)

 
なんで、こういった場合は

「既に完済して10年経過してるから時効だー」と思ってた、最初の借金分も
過払い金を、請求できる
事になります(・∀・)

 
これは、結構大きいポイントですね!

 

過払い金請求をするには?

 
さて、したら前の章までで
過払い金の基本的な事を、ドカドカ書いてきましたが

この章では、

「実際に過払い金を請求する為の流れ」
を、知っていきましょう!(*゚▽゚*)

 
この後に、「過払い金請求の法律事務所ランキング」を、紹介していきますよ!

 

過払い金請求の流れ

 
実際の、過払い金請求の流れとしては下記の通り!

 
尚、詳しくは後述しますが

基本的に、あなた本人がやっても、
弁護士や司法書士に依頼してもOK
です。

 
ただ、本人だと色々大変なんで、おすすめはしないです(^^ゞ

 

 「取引履歴の開示」の請求

これは、債権者に今までの借金の履歴などをくれる様
請求する事ですね!

弁護士や司法書士に依頼すると
「私が依頼されましたよー」っていう、受任通知も彼らが送ります。

 
 引き直し計算をする

ここで、上述した
正しい利息に直した場合の「引き直し計算」ですね!

ただ、実際は上記の例よりも、複雑な計算になる事が殆どです(´-`)

弁護士や司法書士に頼むと
専用ソフトで、サクサクやってくれるので超楽w

フリーソフトもあるんで、
自分でも、面倒ですがなんとかできる事はできます。

 
 過払い金を請求する

ここで、相手がイエスと言うかノーというかで、
和解か、さらに訴訟に進むか、などが決まってきます!

 
まあ、ぶっちゃけ最近では

貸金業者も、この過払い金請求の件で
ドンドコ会社がつぶれてるし、ホント火の車になってる事も多いんで

スムーズにいかない事も、結構多いです(´-`)

 
特に、こっちが個人だと、なめられるってのもあるのか

「正規の請求額の、半額しか払わない」とか
やたらと、強気に交渉してくる事も普通にあります。

まあ、そんなこんなで
「払い渋り」は、最近かなり多いですね(´-`)

 

やっぱプロに頼んだほうが、確実だし楽!

 
なんで、個人的には
手間や交渉や確実性とかを考えても

こういった事は、法律の専門家である
弁護士か、司法書士に任せるのが、ベストだと思いますね(・∀・)

 
プロが出てくると
当然、交渉などの成功率の面とかも違うし

何より、自分が余計な手間やストレスから解放されますw

 

弁護士と司法書士はどっちがいい?

で、こうなってくると、法律事務所を選ぶ際に
「弁護士と司法書士、どっちがいいんじゃ!?」

って感じになりますよね(・∀・)

 
これ、結論から言うと

「基本的に、弁護士の方がおすすめ」

ですね!

 
でも、明らかに過払い金が140万円未満の場合
「過払い金請求に超強いから、絶対お願いしたい!」
って感じなら、司法書士もOK。

 
って感じですね!

 
どういう事か??

説明していきますね(*゚▽゚*)

 

基本的に、弁護士の方が良い理由

 
まず、「過払い金を、正規の金額払いたくない!」
と、債権者が言った場合は、争うなら裁判になります。

 
これ、過払い金の請求額

 140万円未満の場合は、「簡易裁判所」

 140万円以上の場合は、「地方裁判所」

で、行われます。

 

請求金額の壁

 
んで、そもそもって話なんですが

司法書士の場合は
「過払い金請求額が、140万円を超えていた場合、代理人にはなれない」

んですね。

 
反面、弁護士は上限なしです。

 

裁判所の壁

 
んで、140万円未満だとしても
もし、債権者が「簡易裁判所」での結果に納得せず

「控訴」されたとしたら
これは、舞台を変え「地方裁判所」での裁判
って事になります。

 
ここでまた重要なのが

「司法書士は、地方裁判所では代理人になれない」んですね。

 
弁護士は、そういった制限はありません。

 
なんで、もしそうなったら

あなた本人が地方裁判所に直接出廷するか
新しく、弁護士を依頼しなければいけません。

 
そしたら、またお金がかかっちゃいますよね。。

 
なんで、司法書士はぶっちゃけ制限が多い!
ってのが、正直あるわけですね(´-`)

 
ただまあ、あくまで個人的な意見ですが

上記の様に、控訴されるって事は基本的に多くはないし
明らかに140万円未満の場合であれば、

「ホント過払い金請求に強いし、絶対この人にお願いしたい!」って感じなら
司法書士でも、良いと思います。

 
ですが、上記の様な事もあり得るんで、
弁護士の方が無難!ってのは覚えておきましょう。

 
まあ、少しでも悩んでる人に役立つ様に書いてるんで

決して、悪意があって司法書士を悪く言ってるとかじゃないので
その点は、悪しからずお願いします。

 
司法書士事務所で、特に借金などの問題に強くて有名な法律事務所
とかもあるんで、こうした所は信頼感があります。

 

過払い金請求のデメリットは?

 
んで、あと気になる事として

 
過払い金の請求をすると、ブラックリストに乗ったりして

「今後、新しくクレジットカードを作ったり、
他の金融機関からの借り入れが、できなくなるんじゃないか!?」

って不安が、よくありますね(´-`)

 
これ、結論から言うと

まあ、以前まではそうした事がありました。

 
が!

 
平成22年2月15日以降、

現在では、それは撤廃されブラックリストとかに載る事はないんで
その点は、安心して大丈夫ですよ(*゚▽゚*)

 
ただし、

「今後は、もうその貸金業者からの借り入れはできなくなる!」
ってのはあるんで、ここは注意点ですね。

 

過払い金請求を依頼した場合の費用は?

 
んで、過払い金請求の費用として
「法律事務所に依頼したら、どんくらいかかるのか!?」

って事は、やっぱり気になりますよね(*^_^*)

 
これ、大体

「着手金」、「基本報酬金」、「減額報酬金」、「過払い報酬金」

の中で、3~4つの合算である事が一般的です。

 
「ぎゃー!!わけわからん単語が出てきた!」
って、思いました?w

 
でも、これまたとんでもない勢いでわかりやすく説明していくんで、
鼻ほじりながら読むくらいでも、大丈夫ですよ(*^_^*)

 
んで、相場的な事も含めて具体的に説明すると↓↓

 

 着手金…

弁護士や司法書士に依頼する段階で発生。

相場:「貸金業者1件につき、2万円」程。「0円」って事務所も結構アリ!

 
 基本報酬金…

弁護士や司法書士が、実際に担当し解決する事で発生。

相場:「貸金業者1件につき、4万円」程

 
 減額報酬金…

過払い金請求によって、
「元の借金額から、減った金額との、差額」に対してかかる。

(※借金が完済後で過払い金を取り戻した場合は、発生しない。)

相場:差額の10%程

 
 過払金報酬…

過払い金請求で、「戻ってきた分の金額」に対してかかる。

(※借金返済中で、
過払い金の充当により借金が減額になっただけなら、発生しない。)

相場:「請求して帰ってきた過払い金」の、20%程
(※訴訟した場合は、25%が相場)

 
って感じです(・∀・)

 
まあ、これだけだと、ぶっちゃけわかりずらいですかねw

なんで、例を挙げると↓↓

 

法律事務所の費用例

「Aさんは、消費者金融1社に50万円の借金があり
過払い金請求で、借金が0円になり、さらに10万円が戻ってきました。」

って場合だと、相場であげた金額にあてはめると

 着手金…2万円

 基本報酬金…4万円(消費者金融1社なので)

 減額報酬金…5万円(50万円×10%)

 過払金報酬…2万円(10万円×20%)

 合計費用…13万円

 
って計算になります!

 
まあ、依頼するだけで自分は何もせずに

50万円の借金が「0円」になり、督促も当然なくなり
さらに、10万円も戻ってきた!
なんて状況でこの金額なら、かなりのコスパですよね(*^_^*)

 
この場合は、結局60万円得してる事になるんで、
法律事務所に、その20%を払ってるくらいの金額ですかね。

 
まあ、上記の通り
着手金は、「0円」の法律事務所なんかもあります(*゚▽゚*)

 
ただ、結局その他とのバランスで調整してる事が多いんで
事務所によって、料金にそこまで大きな違いはでない事が多いですね。

 
かかるところは、上記の他に
「相談料」とかもかかる法律事務所もありますが

相談料は無料にしてる!って所も結構あります(*^_^*)

 
そういうおすすめの良心的な法律事務所は、後述して紹介しますね!

 

相談するなら、どんな法律事務所がおすすめ?

 
相談するなら、
弁護士や司法書士が、借金問題に強い事が超重要!

 
やっぱり、彼らも仕事内容として範囲が広いんで
どうしても、「どういった分野が得意」ってのは、出てくるんですね!

 
なんで、

「刑事事件が得意な法律事務所」もあれば、
「借金問題が得意な法律事務所」もある

的な感じ。

 
なんで、相談する場合は
事前に、どういった事が得意な事務所なのか?

って事を、よく調べた上で相談しましょう!

 
まあ、とはいえ
これを読んでるあなたには、すぐにわかる様に

過払い金請求に関して、おすすめの法律事務所に関しては
この後、ランキング形式で後述していきますね(*^_^*)

 

過払い金請求の法律事務所ランキング

 
では、

「過払い金請求を依頼するのに、
一体、どこの法律事務所がおすすめなんじゃ!?」

って事で、

「過払い金請求の法律事務所ランキング」
を、紹介していきますね(*゚▽゚*)

 
まあー上述の通り、「プロに頼むのが一番!」
ってのはもちろんなんですが

中でも、
「特に、借金問題に強い法律事務所に頼むのが有効!」

って事で、おすすめをドンドコ紹介していきます!

 

樋口総合法律事務所

 
過払い金請求の法律事務所ランキングで1位
この「樋口総合法律事務所」です!

 
まず、一番のポイントとして
過払い金請求など、債務整理に超強い法律事務所!

って事ですね(*゚▽゚*)

 
上述しましたが、特に代表が「弁護士」であるって事も
全てのケースに対応でき、かなりおすすめな点ですね(*^_^*)

 

 樋口総合法律事務所に電話で相談する
0120-518-021

スマートフォン・携帯電話からなら、直接電話がかけられます

 
 

この法律事務所のおすすめポイント

 
まず、数ある法律事務所の中で
特に、この「樋口総合法律事務所」をおすすめする理由としては↓↓

 

 相談料「0円」

まあ、相談料とかは、借金で苦しんでる人にとっては
かなりネックになってきますからね(´-`)

それが「0円」って良心価格は超嬉しいですね!

 
 支払いは分割可能で、よく相談に応じてくれる

金銭面とかで、当然苦しい場合が多いと思うんで
分割など、そういった柔軟な対応等も
よく相談に乗ってくれます。

 
 即日で対応可能。督促もすぐに止まる!

「とにかく、スピーディーに対応してくれる!」
ってはでかいですね(・∀・)

借金を返済中の人で、督促で苦しんでる人なんかだと
それがピタっと止まるんで、
そういった安心感もハンパないです!

 
主なところは、こんな感じですね!(*^_^*)

 
んで、「じゃあ実績とかはどんなのがあるのか??」

とかも、やっぱ気になりますよね(・∀・)

 

とてつもない実績がゴロゴロ

 
んで、実績の例としては

ある主婦の相談者の人を担当した結果、

100万円~300万円程
過払い金が、無事返還された!

 
っていう、すげー事例なんかもゴロゴロあります。

 
過払い金請求でこれほどの大金が戻ってくるって
ホント、ぶっとぶ程の事例ですね(^^ゞ

 
やっぱ、一応相談してみるにこした事はないって事ですかね!

 
他にも、

「過払い金請求の返金のおかげで、
他にもたくさんあった借金が、一気に返済できた!」

 
って例など
こんな感じの事例がゴロゴロあります(*゚▽゚*)

 
これは、やはり借金問題に超強い弁護士だから、
ここまですげー対応ができるんですね!

 
業者には、毅然とした対応でのぞんでくれるんで、
過払い金の変換率もめっちゃ高いです。

 
その反面、相談者にはとっては

優しくアットホームで、柔らかく話しやすい雰囲気で接してくれるところも、
かなりの人気の秘訣ですね(*゚▽゚*)

 

費用はどうなの?

 
んで、とはいえ

さらに気になるのが、費用の面ですよね(´-`)

 
この、法律事務所のおすすめポイントとして

こんなすげー実績・実力なのに
費用も安め!って事もでかいポイントなんですね(・∀・)

 
んでまあ、

「過払い金請求の金額は、どんくらいなのか!?」

って言うと、下記の通り↓↓

 着手金…
「0円」
(ほぼ相場通りだが、有料のところもあるので良心的)

 
 基本報酬金…
貸金業者1件あたり「19,800円」
(相場は、1件4万円程~)

 
 過払金報酬…
20%(相場通り)

 
って感じで、過払い金報酬以外は
全体的に、相場より安めなんですね(*゚▽゚*)

 
「超絶に激安!」とかって程じゃないですが

これだけ敏腕で、良心的対応をしてくれるんで
コスパとしては、相当良いと思いますよ(*^_^*)

 

注意点

 
ただ、この「樋口総合法律事務所」の注意点は
闇金には対応してない、って事ですね。

 
ここは、注意点なんで
もし、闇金への借金で困ってる人がいたら

次の項目で紹介する、法律事務所を参考にして下さい(*^_^*)

 

この法律事務所に相談したい場合、どうすればいい?

 
んで、この「樋口総合法律事務所」に相談したい場合どうするか?

 
もしあなたが、

「もう、すぐに電話で相談したい!」

って困ってる場合でも、電話で親身に話を聞いてくれます(*^_^*)

 
なんで、今すぐ電話相談をしたい人の為に、

下記に、樋口法律事務所の相談用の電話番号
を記載しておきますね↓↓(*^_^*)

 

 電話で相談する
0120-518-021

スマートフォン・携帯電話からなら、直接電話がかけられます

 
 
んで、「最初は、電話とか緊張するかな」って人には

メールフォームから
「24時間365日相談可能」なんで

これまた、一刻も早く!って人には嬉しいですね(*゚▽゚*)

 
しかも、「全国対応OK!」ってのが

さらに超絶でかいポイント(・∀・)

 
何はともあれ
これだけ、借金問題に強みを持った法律事務所なんで

まずはとりあえず相談してみる!って事が、肝心ですね!

 
相談は無料だしって感じですねw

 
なんでまあ、
『この「樋口総合法律事務所」に相談してみようかな!』

って人の為に、すぐ見れる様に
下記に紹介しておきますね↓↓(*^_^*)

 

 
 

 

街角法律相談所

 
んで、過払い金請求の法律事務所ランキングで2位が
「街角法律相談所」ですね!

 
これ、こういう名前の法律事務所なわけではないんですが、
「じゃあ、何なのか!?」って言うと

 

 街角法律相談所の特徴

 過払い金などにより、借金がいくら減るのか?
を、個人のケースごとにシミュレーションできる

 全国の、たくさんの法律事務所が登録しているので
一括で、あなたにピッタリの法律事務所を検索できる

 
って、サービスなんですね!(・∀・)

 
まあ、ぶっちゃけ住んでる地域や状況など
人によって様々ですよね。

 
それを、

「匿名で、現在の状況を5項目だけ入力」
するだけで、借金の減額シミュレーションができて

地域や借金の状況などを
あなたにピッタリ合った法律事務所を、複数、比較検討できる!

 
っていう、超絶おすすめなサービスです(*^_^*)

 
しかも、このサービスを利用するのは、完全に無料です(*゚▽゚*)

 
なんで、超手軽に利用できるサービスなんですね!

 
んで、上記の
「弁護士法人 響」も当然相当おすすめなんですが

闇金には対応していない、ってのはネックです。

 
なんでもし、
あなたが闇金に苦しんでいたり、どうしても家の近くの事務所がいい!

とかって場合は、この「街角法律相談所」で
あなたによりピッタリの、法律事務所を探せますよ(・∀・)

 
なんで、「街角法律相談所に興味あるわ!」って人の為に
下記に紹介しておきますね↓↓(*^_^*)

 

 
 

 

司法書士法人 杉山事務所

出典:https://www.31664.jp/

この、過払い金請求の法律事務所ランキングで

司法書士事務所で一番おすすめなのが、この杉山事務所!

 
この法律事務所は、

これまた、借金問題にはめっちゃ強いって事で有名なんですね!(*゚▽゚*)

 

この法律事務所のおすすめポイント

 
んで、おすすめなポイントとしては

「週刊ダイヤモンド誌」にとりあげられ、
「過払い金の請求返還実績総額」で、全国1位であり

「金融業者が最も恐れる司法書士事務所」
に選ばれてる!

って事ですね(*゚▽゚*)

 
まあ、そんだけの実績をあげてるんで

もう、これは過払い金請求に関して
司法書士の中で最も頼れる事務所って感じですよね(・∀・)

 
あと、全国に9箇所も支店があるんで
「自宅の近くの法律事務所がいい!」って人にも、最適な感じ!

 

料金は?

 
料金としては、着手金も0円

かかる料金としては
「過払い金報酬の20%~」です!

 
ただまあ、
金額やケースによって、過払い金報酬は一定ではない様なので
結果として、ここまで極端に激安かは微妙ですが(´-`)

 
でもやはり、分割払いにも対応してるんで
このランキングの中でも、料金面でかなり良心的ですね!

 

注意点

 
注意点としては、司法書士の法律事務所なんで
過払い金請求の総額が、明らかに140万円以下の場合に、依頼するのがマスト!

って感じですね!

 
そこが不安なら、弁護士に依頼する方が良いです。

 
ただ、過払い金請求など
借金問題には本当に強い法律事務所なんで、

条件が合う場合は、ガチで頼れる所ですよ(*^_^*)

 
って感じで、過払い金の請求に関して
おすすめの法律事務所ランキングとして

ドカドカっと紹介してきました!

 
過払い金に関して、参考にしてもらえましたか?(*^_^*)

 
ホント、過払い金に関しては
一見ややこしく感じますが、上記の内容で
ほぼ、完全に網羅してあります(*^_^*)

 
まあ、やっぱり
自分でも、内容はハッキリ把握しておきたいところですが

やはり、より、過払い金請求を有利な状況で取り返す為にも
こういった問題はプロに任せるのが一番ですね。

 
なんで、この記事を参考に
過払い金の知識をつけ、良い法律事務所を見つけて

ガッツリ、過払い金を取り戻していきましょう!(*゚▽゚*)


スポンサードリンク





コメントを残す